雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴47年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

【小林國雄理事長の世界❗️】

一般社団法人・日本水石協会の社員総会が江戸川区「春花園・啓雅亭」で行われました。
理事長である盆栽家、小林國雄師の自邸です。

IMG_0853
久しぶりに訪れた春花園は、相変わらずの名木巨木に圧倒されるような棚でした。
コロナによる感染者数も全国的に以前より少し落ち着いて、来園される方々もたくさんいらっしゃいました。
二度と出来ないと言われている本格日本建築『啓雅亭』の室内も、各床飾りが見事にされていました。

IMG_0854
IMG_0855
理事長自身の著作、“天地人“の最後の巻、“人“は、水石を主人公とするもの。
水石協会理事でもある、ウィル氏による英文翻訳の校正も、
総会終了後にオープンテラスで、役員達で寛ぎながら見守りました。

IMG_0846
74歳になられる中、ここからの盆栽人生を飽くなき探究心で見つめ続ける小林國雄理事長。
集大成の刊行は10月中旬との事です。


展示会の出品樹のご相談で、木村正彦先生のご自宅を訪れました。
月に2~3回、お伺いしていますが、80歳を過ぎてなお、庭内はいつも新たな作品や手入れの樹々でいっぱいです。

IMG_0833
お弟子さんも常時3人、伺った日は、黒松の芽切り作業に追われる日でした。
以前より大切になさっている作品達、初めて拝見する盆栽達、
そして先生の代表作として名高い名樹、真柏「登龍の舞」重厚な作品群の中で、先生はいつも変わらぬ姿勢で盆栽と向き合っていらっしゃいました。

IMG_0832
“これ以外、することないから“・・名匠はいつも同じ答えです。
どれ程の盆栽が、この庭から旅立ったでしょうか。
まさに醜いアヒルの子が、美しい白鳥となって、多くの盆栽人達を魅了しているでしょう。

天才と謳われる整姿術はもちろんの事こと、日々続けられる日常的な季節を的確に捉えた管理作業。
先生の日常は、盆栽の1年に合わせた刻となっています。

IMG_0834
功なり名を遂げてなお、日々を変わらずに暮らされる先生。
人は八十路を越えて、そのように皆できるでしょうか?

老成と言う言葉があります。
歳を重ねて完成されてゆく人格と技量、まさに先生は盆栽人のあるべき姿を物語っています。
しかし、その中でも、“更なるものを“と言う探究心と冒険心。
言い方を換えれば、“童心“のような純粋な盆栽への向き合い方が、木村正彦と言う二度と現れない盆栽家を創り上げているように思います。

IMG_0824
届かぬ目標ではありますが、こうして親しくさせて頂く事で、形を変えて私のような出来の悪い盆栽家でも、夢に向かって歩む原動力にさせて頂いています。
“飽くなき挑戦“の背中を追い求めて。


日本盆栽業界の市場中心的オークション『水曜会』
私が修行時代の43年前には既に業界の“相場“つまり、市場価格の動勢を左右する位置にありました。

IMG_0723

時代も大きく変わり、今の役員の方々の殆ども、いつの間にか、私よりも年下の皆さんになりました。
大会と呼ばれる年に数回の水曜会は、参加者も多く、ものによっては、愛好家の素晴らしい作品が高値を呼びます。

IMG_0722
今回のような通常会も、上下動の激しい流通市場を反映した参考になるものです。
午前中のみの参加でしたが、“欲しいな“と思う黒松なども手に入り、400万程の仕入れとなりました。
ここから持ち帰った樹々を少しずつ手入れと手直しをしたいです。
(中々、時間がなくて、手入れが出来ないのが悩みです💧)

IMG_0724
でも、我が業界の仲間たちは正直です(笑)
売れ筋の種類には声が重なり、作り込むのに数年かかりそうな樹は、しーんとしています(大笑)💦


緑陰を楽しむ6月の梅雨景色。
もみじや深山の樹々の盆栽が、床飾りを映えさせてくれますが、時には少し早めの“水盤水石の飾り“をしてみようと思いました。

渓流や滝石と思い、水石蔵を探しましたが、雨竹亭の応接床の間は大きく、ここに見合う石がありませんでした。
10年ほど前、静岡の方から“生前家人が生涯をかけて集めた石を手放したい“と連絡を頂き、10トントラックで数台分の石を羽生に運びました。
“玉石混淆“の言葉通り、故人が集めた石群は、多種多様! 

IMG_0652
いつの間にか10年が経ち、風雨に晒されて、石肌に味わいが出てきました。
培養場の端に並べている中から、手にとってみたのが、この石です。

IMG_0645
ブラシで汚れを取り、水圧のかかる機械で、石の古感を損なわないようにしてみました。
水盤石として鑑賞する際は、基本的な汚れや、苔むした部分を掃除して、清浄な心象世界を石から感じられるようにしてから水盤に据え付けます。
当たり前の滝姿や渓流も、当然良いのですが、“この見方は今までにない“なんて、ヤンチャな心が、独特の興趣を作ってくれました。

IMG_0653
安倍川石の一種、藤枝石。
母岩の石肌が、淡白褐色で、大陸的な宋画の中に登場するような石相を醸し出してくれます。

聳り立つ岸壁、よく見れば、岩崖の間から“石清水“の滝が感じられます。
静かに音もなく、神韻とした空気。
石の色調が淡いので、水盤は“色で締める“気持ちで、瑠璃釉の袋式にしました。

IMG_0649
深山に聳える孤峰の断崖、霞む向こうには、月を一閃に横切るホトトギスの姿。
草木も生えぬ断崖の彼方に生きる真柏の老樹。
石に季節は表せづらいものです。
しかし、取り合わせる掛け物や、盆栽が、季節と席全体の景趣の一体感を創り上げてくれます。

名もなき石達。
数百点の誰も見向きしない中に、“見立てる“  心を持てば、床の間に飾れる石が生まれる。
これも水石趣味の醍醐味のひとつです!

【ひと足早く『初夏の飾り』芳春院盆栽庭園❗️】

絵に描いたような大徳寺の青空!
IMG_0441
IMG_0446

盆栽達もひと通りの春の手入れが終わり、緑豊かな充実の時に入りました。
庭内「通玄庵」の床の間も、少し早めの“夏飾り“にしてみました!
IMG_0442
「緑陰」の言葉がピッタリとする“山蔦“。
空にはまだ湿気を纏った月、そこに一閃をひくホトトギス。
里山の寓居からそれを見上げる高士。

床飾りで大切なのは、“間調子“  と言われる、主木はもちろんの事こと、
掛物、添景、などの空間を活かした、その場面の全体を“ゆったり“と設えてあげる事です。

IMG_0444
明治期に中京で活躍した日本画家、織田杏逸が遺した「月にホトトギス」の図。
細身の軸に小さめに描かれたホトトギスが、画中は勿論の事、席全体を広々とした世界を創り上げています。

IMG_0443
山蔦も大き過ぎず、葉物盆栽の季節と“色“をよく表しています。

IMG_0445
添景に木彫を使った事で、主木や掛物の“季節に合わせた柔らかさ“を扶けてくれました。

盆栽にしても、水石・山野草の飾りにしても、どうしても“肩肘を張った“席を創りがちですが、
空間と季節感を活かした“日々の飾り“を努めることが、いつの間にか、スッキリとした席作りになるものです。

とは言え、いつも“その時の飾りと持ち合わせの道具立て“で、頭を抱える日々の多いこと💦

↑このページのトップヘ