雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”


八月、暦の上では立秋ですが、それは名ばかり!
ここから暑さも本番です。
今年は長梅雨で、地面の温度が昨年ほどにまだ上がっていません。
30〜33度、日本の中でも最高気温の高い羽生では、猛暑となれば、35~38度!
盆栽も夏バテしないように、各所に寒冷紗や日除けの設備を施して備えています。

床の間の飾りも、何処かに暑気を払い、涼を呼ぶものを心がける今です。

IMG_8718


揖斐川石の深山渓谷の一部を切り取ったかのような石が入ったので、飛沫をあげる滝下の景を現す水盤飾りを準備して、それに合わせた掛け物を設えました。

IMG_8759

「滝に鶺鴒」武部白鳳の作。
IMG_8758

峻烈な滝を横切る一羽の鶺鴒。
まるで眼下の揖斐川の岩溜りそばの渓流に棲む獲物を狙うようです。
大型の水盤石、掛け物をやや控えめの大きさにすることで、席全体の間調子を保つようにしました。
脇には五葉松の文人調。

IMG_8723

主石と喧嘩しないように、こちらも弱めの取り合せ。
景趣に合わせて、半懸崖の険しさのある盆栽でも良かったのですが、水石と力がぶつからない事を大切にしてこの樹にしました。
“場に合わせて飾る”・飾りの基本ですが、何度設えても、100点など程遠く、いつも反省を覚える為に繰り返しているようです(笑)

コロナで動きづらい日々。
せめて席飾りの中で、自然の素晴らしさを満喫して頂ければと願っています。
IMG_8724


京都大徳寺・「芳春院盆栽庭園」も、着工から1年、隣接する龍泉庵の本堂、書院、玄関、などのも、ご住職の指示で殆どが仕上がりました。

IMG_8728

盆栽庭園の方は、私が無理にお願いした、庭園を腰掛けて眺められ、水石や山野草を飾る16mの展示場も、
ようやく銅板の屋根の葺き込みが終わり、棟瓦も乗りました(やっぱり、切妻屋根は銅板葺きがいいですね!)

IMG_8729

脇に建つ手入れ室と小間床も、あとは建具などの完成を待つだけ。
ここからはいよいよ、庭園の工事になります。
庭方の大将が淡路島の造園に入っているので、お盆明けの打合せ。
歴史ある禅林の中に作る盆栽庭園。
あくまでご住職の想いを大切に進めたいと思います。

IMG_8727
“森前君も頭丸めて入るの?”・・お客様にはからかわれてばかり!
ここは臨済宗の名刹。
ここに盆栽庭園が出来る事だけでも、お手伝いできる事だけでも、この仕事に歩んできた冥利があります。
私はあくまで盆栽の脇役、せいぜい寺男程度の存在です。
おひとりでも盆栽をよくご存じない方々に、本物をお伝えするのが役目。
それが国風賞級であろうと、可愛らしい儚いひと鉢であろうと、
盆栽として納得のゆくものを披露することが、私がここで広げる世界です。
もうしばらくお待ち下さい!


商用と京都盆栽美術館の打合せで、長野県小布施町の鈴木伸二さんのアトリエに伺いました。

東京に隣接する埼玉県の私達と違い、長野県ではコロナ感染に対して、とてもナーバスになっているそうです。
感染者が出ると、信じられない話ですが、近隣の住民から家に石を投げられたり、様々な嫌がらせを受けるそうです。
確かに、“夜の街“や居酒屋などでの宴会をして、となれば、非難すべきものもありますが、
仕事に励み、感染にも注意をした上での罹患となれば、誰もがありうる事で、本人にしても本意であるわけもなく、同情すべきものもあるくらいだと思います。


それとは別に、相変わらず彼のアトリエは、美しく、清潔で、そこに“住んでいる“盆栽達は、日本の名品のオンパレードと言える内容です。

IMG_8583
国風賞を受賞した盆栽だけでも何点あるのか?多数の京都財団の名品盆栽達の圧巻の内容。

IMG_8584

一般の愛好家から同業者の市場の商品、銀座店からのお客様の依頼による樹勢回復を頼まれた傷んだ盆栽達、
羽生は苗木から傷病兵、そして将来の名品、多種多様、鈴木伸二さんの所を美術館に例えれば、我が家は総合百貨店とホームセンターの混成部隊!
それでも、樹齢数年の樹を化粧鉢にスタッフが植えて、それをカップルの若い方々が「可愛いね」と求めてくれる時、とても嬉しいんです。
羽生でやれる事、銀座で役に立てる事、若いスタッフと頑張ります!
IMG_8563


2月の東京都美術館での『日本の水石展』以来、コロナ災禍の為、お会いすることのなかった、協会理事職の中川さんの所へ伺いました。
ご本人は、ご家族の気持ちもあり、上京は勿論、ちょっとした遠出も儘ならない日々!
数ヶ月をずっと長岡のご自宅での在宅で、出かけられないストレス!
本当に胃に穴が開いたそうです‼︎ 

IMG_8553

久しぶりの訪問でしたが、程よい大きさの庭にも盆栽や草物が美しくあり、邸内には中川さんらしく、各所に水石三昧の姿がありました。
本人は「ずっとここにいて気が滅入ってしまうよ」と仰っていますが、趣味というものは、こういう時にありがたいと思います。

IMG_8554

“この石をどう飾ろうか?添え物は何が良いだろうか?掛物は?”等々、思案をして、席を考案する。
水盤を替えるだけでも、石の見付きを僅かに動かすだけでも、そこに浮かぶ景趣が変わります。

同朋のコレクションを見ると、妙に欲しくなるのは、私の悪い癖!
譲ってくれなきゃ、帰らない!と、駄々をこねて、相変わらず!ニコニコしながら数点の良石を割愛してもらいました!

IMG_8437

遠い越後の地で、水石趣味の王道を楽しまれる先輩。
道の深さを同じように理解している方との刻は、あっという間です!
(本人には、また何を欲しがられるか怖いから、早く帰れと言われましたが・笑)
楽しい旅でした!

【200年前の五葉松盆栽が8mの巨木に!】

四国高松市の鬼無国分寺に“将来の名木”となる原木を探しに出向いた折、初めて国の特別名勝となっている「栗林公園」に見学に訪れました。

IMG_8424

十数年、盆栽の仕入れで来ている高松ですが、いつも時間のすべてを盆栽探索に費やすため、この地の素晴らしい景色を堪能する機会がありませんでした。

IMG_8425

同行した中国から3年の研修で羽生に来ているハオ君ツァオ君は、初めての四国。
残り少ない日本での時間。
当然この高松も最初で最後です。
こんな時でないと、私も見事な公園を拝見する時間が取れないので、半日ゆっくりと300年を超える築庭を愉しみました。

IMG_8428

中でも、やっぱり盆栽業!
他では絶対見られないと教えて頂いていた黒松の大樹「鶴亀の松」と、将軍家拝領の「根上りの五葉松」は、感動の一言でした。

IMG_8422
IMG_8423

「鶴亀の松」は、圧巻の幹太さ!
うねるような幹模様!
そしてまさに“ザ!ボンサイ”と言える樹姿!!!。無粋な商人根性で見てしまうと(中国の盆栽家の方々は、数億円でも欲しがるだようなあ)など、不謹慎極まりないことを思ってしまう自分に喝!!

IMG_8426
IMG_8427

「根上りの五葉松」は、天保4年(1833年)9代高松藩主が、徳川家11代将軍・徳川家斉から贈呈された““盆栽の松““と記録されていることにビックリ!
係員の方に伺うと、根は黒松、樹は五葉松。
つまり「接木五葉」、盆栽の時も将軍から親藩の藩主への贈物だったから、50〜100年は経っていたものでしょう。
多分、樹齢250年~300年、盆栽が歴史の中で長く命を繋いでいたなんて、本当に嬉しかったです。
私達も、拙くても、100年の後にも残る盆栽を手掛けたい!と願うひとときでした。

↑このページのトップヘ