雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴42年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”


【"歳月"という古典・"審美"というモダン
三位一体が醸し出す"真の盆栽美"】

樹齢200年を超える生命を宿す真柏の古樹。
立ち上がりから樹冠へ届く天然の舎利芸は、僅かに生きる水吸い部分がまるで
"我が身を捨てて守る"死生観を自然の造形で表現しているようです。

神韻響くほどの老幹大樹が描く"枝配り"は、限りなく無駄を省き
己が生きる術を究極に削り取った末に現出した「スガタ」と言えます。
取り合わせた鉢は中国紫砂盆器の歴史と陶技の「誇りと伝承」を繋ぐために
"神業"を今に伝える老工の渾身の一作「朱泥扇型盆」。
伝承される盆栽と盆器の調和とは一線を画した合致が、
名品同士の邂逅で"新たな美"として絶妙な旋律を奏でています。

掛物は「如雲」。
明治に生きた禅の名僧 峩山 の墨跡。
何物にも捉われない心、まさに"雲の如く"は盆栽人もこの道に親しむ中で一考すべきものです。


脇床に飾られた一石は、観者の捉え方によって達磨・観音・羅漢など、
一塊の石が高雅な姿へと導かれるのも、席全体の"しつらえと空気"ではないでしょうか。

モダンな美すら感得できる真柏、達観した禅僧が遺した一筆の書、
遠き昔山河に横たわる石をその手に取り上げ、石中に"何か"を観た人々。
三者が共に飾られた時、それぞれが共鳴しあい醸し出す気韻と情趣。
この醍醐味こそが、盆栽美の最も深く心に響く世界だと思います。

各作品に込められた"想い"、これが三位一体となって新たな"趣意"を感じる時、
150年を超えて現代に続く
失いたくない盆栽界の「本道」らしきものが何なのかを
「覚悟」出来る思いがします。
何気ない盆栽飾りの一席に
"その奥に潜むもうひとつの世界観"があること、
そしてその扉を開ける楽しみをなさって下さい。


【中国 張小実会長と訪れた 椎野健太郎氏の園】

中国盆栽協会と言うべき『BCI』の江蘇省地方の分会が発足し、
会長に就 任された張小宝氏が
11月式典実演に招聘する為、盆栽界の若きエース「宝樹園」椎野健太郎氏の庭にご案内しました。
37歳の実力・行動力共に素晴らしい彼が中国デビューする機会として一番良いと思って張会長にご紹介しました。
江戸期より富士信仰の登山口だった地に"山青く水清き"まさに盆栽の楽園を造った彼が
これからどんな盆栽人としての歩み方をしてくれるか、私はとても楽しみです。
一言で彼を評すれば日本盆栽界が失ってはいけない"盆栽家の矜持"をもつ若者と思っています。
私も20歳離れた彼を見習いながら、"自分の歩み"を自分らしく努めようと思います。


【「盆栽も庭もこのままで維持しろ」久原房之助の精神を受け継ぐ長谷家 】

十数年ぶりに「盆栽ロード」を庭内に持つ港区白金「八芳園」を訪ねました。

オーナー奥様の長谷久美子様に出迎えて頂き、
盆栽を広める私共「雨竹庵」と、の1万坪を有する都心の大庭園、
そして旧所有者であった日立製作所創業者である久原房之助翁の遺徳を半世紀を越えて受け継ぐ方々の"確固たる思い"が、
ある意味共通している事に感動しました。 
「人の手を加え過ぎるな、自然のあるがままを大切に」など、
名庭を散策すれば75年前よりこの地でずっと守り続けられる盆栽達と、
仰ぐほどの"人の心が創り上げた大自然"と言うべき樹々に対する守り人達の精神がしっかり息づいている事に、
盆栽人として深く学ぶべきものを感じました。
日本はこの様な"事業の中にも揺るがぬ信念"が築き上げた歴史がある事を
もっと海外の人達にも伝えるべきと痛感しました。
もしかすると、帝都においてひとところに変わらず生き続ける盆栽の(皇居は別として)最長のものかもしれません。
頭が下がります。 

【そして 羽生本店の看板「金看板」! 】

秋虫の聲が黄昏時に耳に沁みるこの頃です。
先日15年の培養の末、ようやく仕上げた真柏を応接床の間に飾ってみました。
まだ枝さばきに"若さ"は残りますが、双幹体の樹相は荘厳の中に
「死して次なる命を支える舎利幹、生と死の相生の姿」
を現出する"超越する自然界"を見事に表現してくれました。
市場の流通に追われる日々の中、歳月をかけて仕上げた作品への感慨はひとしおです。

合わせて十六夜の16日大安、雨竹亭本店の大門看板が掛け替わりました。 

10年前、この雨竹亭が完成した時、
私淑する大徳寺芳春院ご住職である秋吉則州師の揮毫で掛けられた看板も
雨風で筆跡が霞んできていました。
"板を彫り直して貰おうか"と悩んでいた中、
先日、愛好家としてご贔屓を頂く板金師三代の名門、当代湯浅一徳様が
松の木に銅板を貼り、叩き出しと金泥漆を施した「雨竹亭」の立派な看板をお持ち下さいました。
誰に聞くでもなく、ご自分で当亭の看板を写し取り、ご恵贈下さったのです。 

百年もつ見事なこの看板は、単に板金師の匠作と言うだけではなく、
お客様の真心がこもった ものです。
私にとってお客様との有難いお付き合いが運んでくれた本物の「金看板」です。 


【ススキひとつの飾り方で広がる世界 】

9月9日「重陽の節句」菊の節句と謳われる秋の訪れも過ぎ、
ススキの席飾りが心に沁みる季節になりました。
屋久島糸ススキは小振りで小さなスペースでも飾りやすく、お薦めの種類です。 
名残の蜻蛉が一匹飛ぶ下に小菊を楚々と咲かせるススキの風情は
まさに"秋"の景色を切り取ったかのようです。 

添え飾りに鈴虫(谷村隆文作・竹製)を置くことで景趣は更に情感的になりますが、
掛物に動物などを配した時"かぶり"と言われる重複の飾りにならない事は重要です。

掛物を使わないススキと鈴虫の席も山野草飾りとしてはとても気高いものです。 

蜻蛉から富岡鉄斎の「月下牧牛図」に変えることで、席中の情趣はまったく別世界になります。 

禅の教えのひとつと言われる「十牛図」の題材と思われる鉄斎の筆は、
画中に潜む精神をススキと言う野にある自然の風景をそこに取り込むことで、
"物の哀れ"を感得できる静謐で孤高な精神世界を現出してくれます。 

蜻蛉を配した「景色の具現」・牧牛図を用いた「精神世界への誘い」。
ひとつのススキから広がる様々な世界観を楽しむのも、季節飾りの醍醐味と言えます。 
留意点としては、ススキを単体で飾るなら丸地板で問題ありませんが、
合わせ飾りとして鈴虫を共に飾る時は、主たるススキの敷物を天然地板、鈴虫に丸地板、など、
格の差や変化を忘れないで欲しいものです。
これも"重複を避ける"作法のひとつです。 

↑このページのトップヘ