雨竹 盆栽 水石 便り

盆栽歴45年 盆栽家森前誠二がブログで綴る盆栽人の本音と 伝えたい日常の中の”心と技”

【小品盆栽の大展覧!】

京都行きの予定がうまく合ったので、40年ぶりの雅風展を参観に行きました!
IMG_5214
秋の京都の盆栽展『大観展』と同じ 平安神宮前の「みやこメッセ」
当時は二階で開催されていた雅風展も、今は爆発的に増えた小品盆栽愛好家のおかげで、大観展と同じく一階会場となっていました。
小品盆栽となると“アマチュアレベル”の私から見れば、どの席も只々頭が下がる程の見事な丹精!
IMG_5215
樹種の構成・鉢合わせ・樹作りと持込み・・どこから見ても すごい!のひとこと!
近年は海外、特に台湾・韓国・中国の愛好家やバイヤーの人達による 作家小鉢の爆買いが凄いそうです。
私が小品鉢を扱っていたのは40年近く前、まだ二十代の駆け出しの頃、
銀座三越の店で 小鉢流通業界の長老話であった 杉浦國夫先生の指導で、
東福寺・湧泉・竹本・香山・真葛・小野・など、今では美術館行きの品々を日々一生懸命 商いをしていた頃です。
当時 5~10万だった湧泉が 秀作となれば50~100万と聞いて、時代の格差を感じるばかりです。
近年は 新作に近い絵付作家小鉢が 工芸美術として海外で大変な人気との事。
残念ながら私には、盆栽を入れて派手さの出てしまう絵付小鉢がなぜそんなに人気なのか?わかりません!
小品盆栽も、小僧の頃に教えを受けたのは「手のひらに載る程の中、
たったひと枝に持ち込んだ絵心深い味を楽しむ、商売にならない極上の趣味世界」と諭されたもの。
今の「大樹の相」を基本とした樹姿とは全然違うものでした。
IMG_5216
私にとって小品盆栽は、丹精と持主の愛情の結晶であって、商売の対象には見えないのです。
やっぱり 昭和の時代に小僧を経た、古い盆栽屋なんでしょうかね!

【恩人の追善盆栽展に感激!】

名古屋 吹上ホールで開催された『銘風盆栽展』と 昨年天界に逝かれた、
二十代からお世話になった盆栽界の恩人、鬼頭正男先生の追善盆栽展を拝見に伺いました!
FullSizeRender
久しぶりの銘風盆栽展、タイトル前の黒松は素晴らしいものでした。
FullSizeRender
又、内閣総理大臣賞を受賞された森山和雄先生は、亡くなられた鬼頭先生と共に、若き頃より存じ上げる大家、
会場で私を見つけてお優しい応対を頂き、そのお人柄にあらためて感激しました。
鬼頭先生の特別展示は、正面に先生のご遺影、そこに天皇陛下よりの叙勲の章。 
IMG_5088
IMG_5089
盆栽界以外でも、日本の産業、中京地域の経済界の発展に尽くされた 人格者として深く尊敬するばかりです。
IMG_5090
若き頃、鬼頭先生の旧社屋の屋上で皐月盆栽の手入れをした事を思い出し、
あの頃「先生、皐月よりも盆栽が面白いですよ!」と、若気のいたりでお話をした事、
その先生が国風賞を受賞され、協会の重鎮となられた事、
私が13年前、自身の不徳で奈落の底へ落ちた時も お買い物など 私を気遣ってくださった事。
会場で先生のご遺影に向かって、「ありがとうございました。先生」を声を出さずに頭を下げるのが精一杯でした。
本物の大家、旦那さんと言われる愛好家が鬼籍に逝かれるこの頃、次の時代の大家となられる方の水先案内人となるよう、
プロとしてあらためてここからの精進を想う刻となりました。
IMG_5091
IMG_5092
ありがとうございました。中京の大人(たいじん)!

【今年の初手入れで 大型名木へ!】

元旦から6日まで、恒例の「新春盆栽展」を開いて、多くのお得意様と楽しいひと時を過ごさせて頂いた新年。
歳の初めの大仕事を、昨年末に入手した巨大な五葉松で始めました!
IMG_5068
九州にあったこの樹は、あまりの大きさで、今までおそらく30年近く、植え替えもされずに大型水瓶に植えられていました。
IMG_5069
人の手で 鉢から抜ける大きさではないので、フョークリフトを使って吊り上げての作業!
根の状態も良く、少し大きめの鉢に上手く合わせることができました!
IMG_5071
IMG_5072
樹筋は良かったのに、鉢合わせが盆栽としてお見せできるものではなかったもの、
ここからは 数少ない無傷の丸幹名木としての道を、ゆっくりでいいから歩いて欲しいです!
羽生雨竹亭の応接庭園の門脇にあります。
皆さん是非ご覧にいらしてくださいね!​​

【木村政彦先生の作品を飾って!】

明けましておめでとうございます㊗️
IMG_5011

ご改元初めての新春、神気纏う初春の盆栽はやっぱりいいですね!
羽生の応接室にも新年の飾りをしました。
IMG_4998
IMG_4999
埼玉県の大家が長く愛蔵していた五葉松の根連りを木村先生に暮れのうちにお願いして針金整姿をして頂きました! 
IMG_5007
令和の新年、松を皇居の別名「大内山」になぞらえて、“日出処の國”の象徴としての昇る旭、脇には暁光に輝く大八洲(おおやしま)の山々。
当たり前の設定ですが、「松に日の出、仰ぐ山々」これこそが、日ノ本の徴だと思っています!
オリンピック・水石協会60周年・明治神宮100年祭・そして秋には大徳寺盆栽庭園。
私にとって、穏やかな1年、つまり盆栽と静かに向き合う年はいつになったら来るのやら!!
今年も 宜しくお願い申し上げます🤲
IMG_5008

【雨竹亭のレンタル盆栽】

私が銀座に店を出して1年たった頃、“和食の鉄人” 道場六三郎さんがいらして
「店を新しく作るので、飾る盆栽を売って欲しい」のご要望から、痛んだり管理の難しさ・季節感・などをご相談した結果、
“季節の美しい盆栽を飾るサービス”が始まりました。
都心を中心に22年たった今では、年間4000万円を超えるサービス業になり、
盆栽界という趣味の狭い世界にいた盆栽達が、幅広い多くの皆さんにご覧頂く仕事になりました。
年末は大忙しです!
年間契約のレンタル先に、雨竹亭ならではの「季寄せ盆栽」
つまり宮中などで設えられる松・梅・竹・千両・柚子・福寿草・フキノトウ・等々、新春の目出度さをひと鉢の中に込めた盆栽の製作作業にスタッフみんなで頑張っています。
IMG_4983
盆栽としては、1点ではどことなく物足りない樹達が、ひと鉢の中に組み合わされるで、“醜いアヒルの子が白鳥になる”ような独特の盆栽が生まれます。
場所や大きさ、高さや奥行きなど、1年間お世話になっている所に合った季寄せ盆栽、新春の迎春盆栽として 
多くの方々が 園芸店などで市販されている松竹梅とは違う嬉しい驚きを持って観て下さいます。
IMG_4981
昔は自分で鉢合わせや、流れなど、率先して創っていましたが、今ではスタッフみんなに任せておいても大丈夫になりました。
IMG_4982
“季節を寄せる”と書いて季寄せ盆栽。鏡割りの頃には、役目を果たして庭に帰ってきます。
そして来年までの力を蓄える為に、また元の鉢に戻し植えする作業が待っています!
常しえの栄の徴「松」寒気の中葉も付けずに凛と咲く梅の魁、節目を持ってまっすぐに生い立つ竹、そこに色とりどりの実物花物の“宝尽くし”。
皆さんもご自身の生活に合った「季寄せ盆栽」に挑戦してみて下さい!​​

↑このページのトップヘ